納豆菌の整腸効果

納豆菌とその効果

納豆菌には整腸効果がある!

 

こんにちは!

 

あなたは『納豆菌』

 

って聞いたことありますか?

 

もちろん、納豆については皆知っていると思います。

 

好き嫌いはあれども・・・。

 

そして、その納豆。

 

実は、『納豆菌』というのがあって、それが

 

『腸に良い』

 

とされているんです。

 

このページでは、そんな、

 

『納豆菌とは何か?』

 

『どんな効果があるのか?』

 

という謎に迫っていきます。

 

まずはこちらから。

 

納豆菌とは何か?

 

納豆菌とは何でしょうか?

 

普通の納豆とはどう違うのでしょうか?

 

まずはその、中身について解説します。

 

Wikipediaにはこのように載っていました。

 

納豆菌(なっとうきん、学名: Bacillus subtilis var. natto)は、枯草菌の一種である。稲の藁に多く生息し、日本産の稲の藁1本に、ほぼ1000万個の納豆菌が芽胞の状態で付着している[1]。

 

出典:納豆菌 - Wikipedia

 

難しい言葉が並んでいますが、ポイントとしては、

 

枯草菌の一種

 

稲の藁に多く生息している

 

ということまでがわかりました。

 

もう少し、わかりやすい解説を見てみましょう。

 

納豆菌 とは、枯草菌という細菌の一種で、納豆を作る為の種菌です。
よく煮た(蒸した)大豆に少量の納豆菌をふりかけ、保温して置いておくことで発酵がすすみ、 納豆が出来上がります。

 

出典:納豆菌とは

 

これはわかりやすいですね。

 

要するに、納豆菌は、

 

納豆の元

 

ということですね。

 

大豆に納豆菌を振りかけて保温して置けば納豆が出来上がる、という訳ですね。

 

なので、あなたが、もし。

 

自前で納豆を作りたいと思うなら、稲の藁から納豆菌を採取して、それを大豆に振りかけて、うまいこと保温すれば納豆を作れる、という訳です。

 

って、そこまでしないですよね(笑)

 

では、ここから。

 

納豆菌の効果に迫っていきます。

 

納豆菌の効果

 

納豆菌は、『コンブチャスリム』に含まれる成分の一つです。

 

詳しく、その効果に迫ってみます。

 

乳酸菌など腸内環境に良いとされる細菌は、胃酸に弱く、胃内を耐えて腸まで届けることが難しいとされています。
しかし、納豆菌は胃酸に耐性をもち、死滅することなく胃を通過し、腸まで到達することができます。

 

出典:納豆菌とは

 

つまり、納豆菌は本来、乳酸菌ですら、胃に中々到達してくれないのに、納豆菌は強く生き残り、腸まで届いてくれるんです。

 

とっても心強い味方ですね!

 

では、その納豆菌が腸にまで届くとどんな効果をもたらしてくれるのでしょうか?

 

納豆菌は(中略)腸内に入れば、

 

乳酸菌など有用菌の増殖、腸内有害菌の抑制により、腸内細菌のバランスを整える。

 

(中略)

 

などの役割をします。

 

出典:すごいぞ納豆菌!納豆菌の特徴や種類について | 納豆専門ページ | ピントル

 

このように、腸内細菌のバランスを整えてくれる。

 

つまり、

 

整腸効果が期待できる!

 

という訳です。

 

コンブチャスリムに含まれる納豆菌

 

このような、高い整腸効果を期待できる納豆菌。

 

実は、コンブチャスリムにも含まれています。

 

『コンブチャスリムを飲んでからお通じが改善された!』

 

という声が多いのは、この納豆菌が大きく作用しています。

 

お通じの改善、整腸効果に期待するなら、コンブチャスリム。

 

ぜひチェックしてみて下さい。

 

詳しくはこちらのページで解説しています。

 

コンブチャスリムの口コミ。飲む!痩せる!ダイエット効果